先日、子供のことに関して、「あんまり子供のことを考えていない感じがするのが不満」と妻から言われました。
(ちなみにまだ子供は出来てませんのであしからず)

確かに子育てに関して特に考えられていなかったので、それはそうかなと思ったのですが、よくよく聞いてみると子供用のものを私のセンスで買おうとしてるというのが嫌ということと、今ある家具が傷つけられるのが嫌ということと、物を大切に扱うように教えたいという3点でした。

1.子供用のものを私のセンスで買う

これに関しては、私がキャラクターものがあまり好きではないので、できたらそういうのに興味がないとうれしいなぁといったレベルで、絶対に買わないという話ではなかったので、それを伝えました。小さいうちは好みとかそんなにないと思うので、シンプルなものをそろえたいとはおもってます。

個人的には、インスタで話題の双子の女の子みたいな感じにしたいと思っています。
実際どうなるかわかりませんがw

www.instagram.com

2.今ある家具が傷つけられるのが嫌

ちょっといいローテーブルを買ってしまったので、大事に使っていきたいという想いが強いらしく、私が「ローテーブルで勉強させたらいい」ということを言っていたのが嫌みたいでした。

自分の経験なのですが、小さいうちは机を買っても勉強しなかったので、自分の子供もよくある勉強机のようなものはいらないんじゃないかと思っています。小さいころはリビングで一緒に勉強をみてあげたらいいかなくらいの感じ。一人で勉強できるようになったら、部屋とデスクを買ったらいいかなと。

ただそれだと、ローテーブルが傷ついてしまうリスクが高いので、別途買ったほうがいいんじゃという話でした。

3.物を大切に扱うように教えたい

先ほどの2の話と関連するのですが、妻は子供に、自分のものを買い与えて大事に使うことを教えるのがいいんじゃないかと言っていました。机もその一つです。さらに良いものを買ったほうがそういう教育には良いんじゃないかとも言っていました。

わたしは小さいころはものを大事に使うなんていう発想はそんなになかったので、それでうまく教えられるのか疑問です。机も子供用にデザインをふりすぎると長い間使えないですし。それだったら、ある程度育ってきて、自分はこういうのが好きだってわかってから子供に選んでもらうほうがいいんじゃないか。

たとえば良い皮の高級ランドセルを買ったとして、それでほんとにわかるようになるのか。逆に安いランドセルのほうが大事に扱うようになるのではないか。そもそもランドセルじゃなくても鉛筆でもわかるんじゃないのか。小物で合皮のものと本革のものを持ってもらって、ABテスト的に体感してもらうとかのほうがわかりやすいんじゃないか。

などなどいろいろ疑問はあって、正解もないんじゃないかとも思ったりするので、難しいですが。

最後に

子育て方法などに関して全然知識がないので、もうちょっと勉強して妻と今後の方針を決められたらいいなと思いました。

今回こういった話ができてよかったです。こういったことをため込んであとで爆発してしまうとこわいので、定期的に話してくれる妻に感謝しています。