山﨑 康晃が5月に10セーブ目(通算18セーブ目)を上げ、与田剛選手が1990年に作った新人月間最多セーブを塗り替えました。

与田剛選手は、1年目にして50試合登板 防御率3.26 4勝5敗31セーブを上げて新人王と最優秀救援投手に輝きました。

与田剛選手は酷使され7年間でプロ野球を去りました。活躍できたのは最初の3年間だけでした。

キヨシは山崎をセーブ機会の1イニングのみという方針で使って欲しいものです。

昨年もルーキー三上を抑えに抜擢して酷使し右肘を痛め現在2軍ですので。

2軍では投げられるようになっているらしいので早く戻って来て欲しいものです。

5月に残る試合は4試合あります。何処まで記録を伸ばせるのか期待です。

また、月間最多セーブ記録は佐々木主浩の14です。

さすが、大魔神ですね。月間最多セーブは大魔神が持っています。

自分を小さな大魔神と呼ぶ山崎康晃選手。

本家大魔神をも超える活躍を期待していますが、まずは並べる機会はあるので、頑張って欲しいですね。